育毛剤の種類・使い方

外用薬

1)外用薬の育毛剤は大きく3種類に分類

  1. 女性ホルモンを含むもの
  2. 毛細血管を拡張させる作用のもの
    フロジン液・・・保険適応
    リアップ、ロゲイン(成分名ミノキシジル)・・・保険不適応
  3. 毛根に栄養を与える作用のもの
    毛髪力、ペンタデカン、黒誕彩、その他・・・保険不適応

いずれも35歳〜60歳までのいわゆる中年の、頭頂部の脱毛にはある程度有効ですが、20歳代の若年者の脱毛には効きにくい特徴があります。若年者では、生活の不摂生・ストレスなどの悪影響が、抜け毛の大きな要素となっているようです。

2)育毛剤の上手な使い方

最近、さまざまな研究の結果、ある程度効果の期待できる育毛剤が市販されるようになってきました。しかし、数年間同じ種類の育毛剤を続けて使用すると、ある時点から急速に効果が落ちてきます。それを防ぐためには、ある一定期間使用を中止するとか、異なった育毛剤を使用するとかの、工夫が必要となります。これは、同じ肥料ばかり連用したのではその効果が減少していく、畑の作物とも似ています。

患者さんに聞いてみますと、抜け毛の進行は段々ゆっくり進むのではなく、あるとき急速に進行して、しばらくはそのままの状態が続きます。そしてまたあるとき、一気に抜け毛が進行することが臨床的に多いようです。したがって、進行する時期を見計らって、うまく育毛剤を使用するのも一計だと思います。

体と同じように、髪の毛も“夏やせ”します。そして、発汗の多い夏には、育毛剤の効果も落ちます。したがって、私は今までの経験から、発汗の多い夏には保険の適応になるフロジン液などを使用して、秋から春にかけてその他の育毛剤を使うように勧めています。

内服薬

1)内服する育毛剤

  1. 平成17年12月厚生労働省認可の“飲む育毛剤”
    プロペシア(成分名フィナステライド)・・・保険不適応

男性の頭頂部の脱毛については、年齢と共に毛根周囲に男性ホルモンを阻害する物質が出て、その作用で血中に男性ホルモンが多くてもその部分に作用せず、脱毛が生じます。そういった男性が飲む育毛剤で、特に頭頂部の薄毛の方におすすめします。臨床実験の結果、70%もの男性に効果が見られ、3ヶ月ほどで効果が現れます。

使用法は、毎日1回、食後に服用。飲み過ぎに注意。副作用は、性行為中の精子の減少、頭痛、腹痛、下痢などが報告されています。上記のような症状が現れた場合は、医師にご相談ください。女性、子供は服用できません。服用希望の方は、医師の診察が必要となります。

(日本医学育毛協会 会長 福田金壽医師)